芸術

芸術

もの乞いが祠の石に耳を傾けて

概要:絵■あの世やシ=死、シ=詩の感じを意識している。
作家名:櫻川豊敏

荒涼と立って

概要:絵■ドルメンが一番最初です。
作家名:櫻川豊敏

青銅の祭壇

概要:絵■人間の意識や意思でない、なぜかこうなってしまう、というもの。
作家名:櫻川豊敏

3.11-18693m

概要:造形■被災地に行ったり、直接撮るやり方ができなくても、自分の視点から撮るというようないろいろなアプローチがあると思います
作家名:長澤みさち

夜の向こう

概要:絵■ずっと昔から描いている、夜の世界の住人
作家名:波磨悠子

連影

概要:絵■夜の世界です
作家名:波磨悠子

地平線

概要:絵■もうひとつの夜の世界です。夜と月と空と雲が好きです
作家名:波磨悠子

襖絵1、2

概要:絵■自分の絵の根っこを探し、展示の仕方を探っている。
作家名:KURO

6YUBI BUNBUN

概要:絵■音楽を聞きながら、またいい風景を見ながら手元を見ずに線を描く。
作家名:山本まゆみ

Tシャツ

概要:絵■私の想像上の町を旅した感じです。
作家名:山本まゆみ

故郷へ

概要:絵■主役はバクで、どっちを向いて歩いているのか分からない。
作家名:しのかよ

cuccu!

概要:絵■黒い猫の旅です。
作家名:しのかよ

わたしを、さらけ出す

概要:絵■生きることへの倦怠感
作家名:岡野茜

春の灰色

概要:絵■その時の自分が体で感じている空気感を描いています。
作家名:望月佑子

うたかたな日々

概要:絵■ボリス・ヴィアンの作品『うたかたの日々』を読んで
作家名:臼井千佳子

ロマネスク巡礼-sp-01

概要:絵と写真■スペイン北西部のロマネスクアートを訪ね、レンズと絵筆のスケッチ紀行を10回に分けて発信します
作家名:渡辺隆雄

晴れ 時々

概要:絵■自分の中に流れている時間と時計上の時間に生きている自分。
作家名:元木秀信

スペインの光と影3

概要:絵■ロマネスクの芸術の息吹
作家名:渡辺隆雄

静かに暴れる

概要:絵■理不尽なものに対する感情的なものを見える形にしている。
作家名:長谷川彩乃

概要:絵■日本画とペンを融合させること。
作家名:杉澤友佳

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17