人文科学

人文科学

日本古代・中世の国家軍制 【古代編・中世編】全2冊

概要:解説書★奥野中彦■棟梁制武士団が中世国家=鎌倉幕府を創始する歴史過程を重視し、軍制の一貫性を説く。
作家名:奥野中彦

近世後期大名家の領政機構−信濃国松代藩地域の研究−

概要:解説書★荒武賢一朗・渡辺尚志■大きな枠組みを持って個々の課題に取り組んだ。第一は近世後期から明治初年における領政機構の実像を徹底的に分析。第二は「ヒト」に注目することを心がけた。
編集者名:荒武賢一朗・渡辺尚志

妙高火山の考古学

概要:解説書★小島正巳■本書は新潟県妙高市の妙高山を対象に考古学的に掘り起こした小島正巳さんの初めての研究書である。
作家名:小島正巳

琵琶湖と人の環境史

概要:解説書★水野章二■本書は滋賀県県立大学・滋賀県立琵琶湖博物館・滋賀大学の環境史研究者が「琵琶湖の歴史的環境と人間の関わりに関する総合的研究」の共同成果をまとめたものである。
編集者名:水野章二

東日本の山岳信仰と講集団−山岳信仰と地域社会:続−

概要:解説書★西海賢二■前著に続き東日本を中心とした山岳信仰の地域的展開を榛名講・戸隠講・秋葉講・木曽御嶽講などの講集団を通して考察する。
作家名:西海賢二

異怪と境界−形態・象徴・文化−(全2冊)

概要:解説書★山本節■人界・他界の接点に生起するさまざまの異怪の伝えに関連して、日本人が抱き来った神話的宇宙観・世界観を文献・口承資料に現れた異怪譚を素材に解析する。
作家名:山本節

唱導文化の比較研究 −ユーラシアと日本:交流と表象−

概要:解説書★林雅彦・小池淳一■大学共同利用機関法人人間文化研究機構の「ユーラシアと日本:交流と表象〜09年度」における唱導文化の比較研究班の成果論集である。
作家名:林雅彦・小池淳一

江戸天下祭絵巻の世界 −うたい おどり ばける−

概要:解説書★都市と祭礼研究会■神田明神選書[天下祭読本]に続き天下祭(神田祭・山王祭)の最盛期の絵巻をカラーで収録・再現し、解説を加えた。
編集者名:都市と祭礼研究会

織田権力の領域支配

概要:解説書★戦国史研究会■戦国史研究会シンポジウム「織田権力論−領域支配の視点から」(2010.6)の報告。当日の白熱した討論の記録。
編集者名:戦国史研究会

日本史へのいざない2 −考えながら学ぼう−

概要:解説書★松本一夫 ■前著が原始・古代から近現代までの22話を収録、本書では新たに20話を収録しそれぞれ10問程度の問いに答えと解説と参考文献を用意した。
作家名:松本一夫

四国の大名 −近世大名の交流と文化−

概要:解説書★四国地域史研究連絡協議会■2009年11月高松市開催のシンポジウムのまとめ。 豊臣政権から徳川政権における四国の大名配置の論考を加えた。
作家名:四国地域史研究連絡協議会

角行系 富士信仰 −独創と盛衰の宗教−

■本文 概要:解説書★大谷正幸 ■井野辺茂雄[富士の信仰]と岩科小一郎[富士講の歴史]以降研究は大きく進歩した。著者は一派を[角行系]と定義しその歴史と思想に迫る
作家名:大谷正幸

東京人6月号(2011)

概要:月刊誌■特集.歴史で歩く東京の公園:江戸の大名庭園をしのぶ財閥・実業家たちの邸宅跡、文豪ゆかりの公園、軍と戦争を記念する公園
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人5月号(2011)

概要:月刊誌■特集:写楽の読み方。謎の職人絵師の技と素顔/写楽を遊ぶ24の方法:浅野秀剛/作家の写楽論:横尾忠則、島田荘司、宇江佐真理
作家名:
編集者:高橋栄一

熊野観心十界曼荼羅

概要:解説書★小栗栖健治■「心」の文字と結ばれた十界の世界、人の一生を表す老いの坂、女性の地獄、亡者を救済する施餓鬼供養などのさまざまな図像が描き込まれた
作家名:小栗栖健治

武蔵三田氏/戦国大名と国衆

概要:解説書★黒田基樹■「本書は、武蔵三田氏に関する主要な論文7編を収録、これまでの研究成果の総括を図り、新たに「総論、武蔵三田氏の系譜と動向」を付して今後における研究の進展を図ろうとするものである。
編集者:黒田基樹

時を貫く記録の保存

概要:解説書★全史料協近畿部会■全史料協近畿部会例会100回記念シンポジウム「市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える」の記録。
作家名:全史料協近畿部会

都市と都市化/都市民俗基本論文集(全6冊:第4回配本)

概要:解説書★内田忠賢・有末賢・倉石忠彦・小林忠雄■[主要目次] 都市化のなかの民俗と現代生活/第1章:都市化と民俗/第2章:都市の性格/第3章:都市の生活誌/第4章:都市伝説の生成
編集者名:内田忠賢・有末賢・倉石忠彦・小林忠雄

死者と生者の民俗誌 —韓国・珍島 巫女の世界—

概要:解説書★川上新二■本書は韓半島南部の珍島の巫俗について、民俗宗教の視点から考察し、これまで世襲巫を中心の調査研究に加え、もうひとつの降神巫に焦点をあてた。
作家名:川上新二

東京人4月号(2011)

概要:月刊誌■特集:潜入!土木工事の現場。英語で「土木」はシビル・エンジニアリング(市民の技術)。社会のインフラストラクチャーをつくり東京の都市機能を進化させる巨大スケールの工事現場を訪ねます。
作家名:
編集者:高橋栄一

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21