人文科学

人文科学

日本美術の流れ

概要:論文★源 豊宗著■日本美術を貫くものは何か? 飛鳥・白鳳から現代まで、生命を重視し時の流れを愛した、日本美術の特質を「秋草の美学」として巨視的に捉える。
作家名:源 豊宗

日本の覚醒 内村鑑三によって

概要:評論★新保祐司×富岡幸一郎対談■内村鑑三の思想、言葉を軸に現代日本の堕落の原因、解決策を分析する。
作家名:富岡幸一郎

Die Heiligen(聖者たち)

概要:教科書★Jakob Streit作、平尾浩三編■キリスト教世界でよく知られる聖者から3人を選び、やさしいドイツ語で述べたものを中級の読み物とした。
作家名:Jakob Streit

編集者名:平尾浩三

江戸近郊農村と地方巧者

概要:解説書★村上直著■横浜・川崎など南関東農村で地域民政につくし、活躍した地方巧者(じかたこうしゃ)の実態に迫る!
作家名:村上直

社会学への招待 普及版

概要:解説書★P・L・バーガー■[人間とは何か]という視点で、鋭くかつ明晰に述べた社会学の入門書にして名著。
作家名:P・L・バーガー
翻訳者名:水野節夫,村山研一

生物学から人間学へ―ポルトマンの思索と回想

概要:論文★アードルフ・ポルトマン著 八杉 龍一訳■現代思想としての人間学試論高名な動物学者ポルトマンの自伝的精神史。
作家名:アードルフ・ポルトマン
翻訳者名:八杉 龍一

結婚の謎

概要:解説★ウイリアム・グラッサー、カーリーン・グラッサー共著・柿谷正期、岩井智子共訳■「私にとって結婚はミステリー(謎)です」既婚女性からのメールが精神科医グラッサー博士のもとへ。結婚における人間関係のメカニズムを解き明かす。
作家名:ウイリアム・グラッサー,カーリーン・グラッサー
翻訳者名:柿谷正期,岩井智子

織田・徳川同盟と王権

概要:解説★小林正信著■「本能寺の変」は明智光秀による「制度防衛」なる説を、さまざまな学説を踏まえながら論じる。
作家名:小林正信

宮家の時代 セピア色の皇族アルバム

概要:解説■昭和初期の全ての宮家の写真を掲載、そもそも宮家とは何だったのか、フランス文学・歴史の専門家が考える。
作家名:鹿島茂

幕末維新期の治安と情報

概要:解説書★横浜開港資料館・横浜近世史研究会編■緊迫した政治情勢のもとでの幕末期を「治安・警備・支配・情報」をキーワードにして解明する。
作家名:

編集者名:横浜開港資料館・横浜近世史研究会

楽しみの社会学 改題新装版

概要:解説書★M・チクセントミハイ著■スポーツや遊びはなぜ楽しいか、その本質を「フロー体験」で解き明かす。
作家名:M・チクセントミハイ
翻訳者名:今村浩明

自然保護の夜明け―ディビッド・ソローからレイチェル・カーソンへ

概要:論文★ポール・ブルックス著 上遠恵子・北沢久美訳■『森の生活』で知られるソローから、『沈黙に春』のカーソンまで、その百年にわたる自然保護の歴史をカーソンと深い親交のあった著者が生き生きと語る。
作家名:ポール・ブルックス
翻訳者名:上遠恵子,北沢久美

平家物語 古典への旅

概要:解説★生形貴重著■平家物語はなぜ日本人の心をとらえるのか。代表的登場人物を通して、人情の機微と物語の面白さを描く。
作家名:生形貴重

博覧会の時代

概要:解説★國雄行著■明治10年の第1回内国博から明治36年の第5回内国博までの国家事業としての博覧会政策を分析。
作家名:國雄行

スピリチュアルの冒険

概要:新書■スピリチュアルはお手軽な幸福への近道ではない。この世界が本来持つ深みに触れるための絶好な入門書(香山リカさん)
作家名:富岡幸一郎

房総の祭りと芸能―南房総のフィールドから

概要:解説書★田村勇著■30年におよぶ民俗調査・研究の過程の中で、特に房総半島の島端部の海の祭りと芸能をまとめ、ありのままの姿を記録した労作。
作家名:田村勇

ルネサンスの春

概要:解説書★アーウィン・パノフスキー■ルネサンスは先行する中世の��復興�≠ニどう異なるか。二十世紀を代表する美術史家の著作。
作家名:アーウィン・パノフスキー
翻訳者名:中森義宗,清水忠

先生のための「歴博」見学の手引―ワークシートと解説―

概要:【完売】解説★国立歴史民俗博物館監修 (財)歴史民俗博物館振興会編■「暦博」見学の手引書。それぞれの展示室でワークシートに書き込むことによって、学ぶべきポイントが明確に示される。
作家名:

編集者名:国立歴史民俗博物館,東北歴史博物館,新潟県立歴史博物館

混沌の海へ―中国的思考の構造

概要:解説★山田慶児■国家近代化の過程で、国を方向づける伝統の核心とは何かを、中国を例に論じる。
作家名:山田慶児

河童伝承大事典

概要:解説★和田寛編■河童の呼称、形態、習性、言い伝えなどを自らの研究成果とともに丁寧に追った事典。
作家名:

編集者名:和田寛
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21