編集物

東京人9月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集:政治の季節から荒井由実へ1972年/露木茂(事件・テレビ)矢内廣(雑誌・若者文化)ほか伊佐山ひろ子、大野真澄、山本直樹
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人8月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集.凸凹を遊ぶ「東京地形散歩」/七つの丘を踏破/東京はスリバチの宝庫/縄文人の地霊/山手線の地形学/ほか
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人7月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集:茶の湯を愛した富豪たち(道楽がつないだ権力の環) 茶の湯は人の心を豊かに、交わりを厚く、世の融和をはかる
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人6月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集:祭り新時代ー見よ、東京の底力!ー5月三社祭、6月山王祭、8月深川八幡祭と江戸東京の大祭がつぎつぎと開催される。 作家名:
編集者:高橋栄一

東京人5月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集.「タワー」なぜ人は天空をめざすか/5月22日、墨田区押上に東京スカイツリーが開業する。その高さは「武蔵国」にちなんで634メートル。昭和33年に竣工した。
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人4月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集:「川柳」ニヤリと笑い、世相をうがつ/古川柳で読む江戸っ子気質/江戸吉原/昭和史/3・11/
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人3月号(2012)

概要:月刊誌■ 特集.「東京鉄道遺産100」 東京の近代化を支えた明治~大正~昭和の駅舎、高架橋、橋梁、トンネル、跨線橋などを一挙誌面紹介
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人2月号(2012)

概要:月刊誌■特集:権力と洋風娯楽の中心地を歩く「日比谷」/文明開化の音は日比谷公園、鹿鳴館、帝国ホテルなど、日比谷から聞こえてきた。そして皇居、桜田門、宮内庁に囲まれたこの地は権力の中枢ゆえ数々の歴史的事件が起きました。
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人1月号(2012)

概要:月刊誌■特集.軍都東京の昭和ー1941年12月8日、日本軍の真珠湾攻撃ではじまった太平洋戦争から70年。帝都東京には、皇居を中心に参謀本部、司令部、師団などが配置され、郊外には多くの軍需工場が作られた。
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人12月号(2011)

概要:月刊誌■特集.「東洋文庫の世界」アジア研究の至宝を一挙公開!日本最古、最大にして世界に誇るアジア研究図書館「東洋文庫」。蔵書は国宝、重要文化財を含み100万冊。10月にはミュージアムもオープン!
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人11月号(2011)

概要:月刊誌■〈特集・チャイナタウン神田神保町〉孫文、魯迅、周恩来などの留学生からはじまった。世界に誇る古本の町、神田界隈にはかって約1万人の清国・中国留学生がいた。
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人10月号(2011)

概要:月刊誌■〈特集〉観光まちおこしー23区+39市町村/座談会・東京は、ローカルこそ面白い(岡本伸之×陣内信秀×篠崎宏)/市町村もぞくぞく(さくらいよしえ)/まちづくりの仕掛けあれこれ(藤本真由)
作家名:
編集者:高橋栄一

表現者37

概要:雑誌■特集:原発、文明、復興―近代の危機にどう向き合うか/科学技術の専門主義、国家理性の欠如、文明の傲慢の先。
作家名:佐伯啓思,原洋之介,東谷暁,藤井聡,中野剛志,西田昌司,中島岳志,柴山桂太,西部邁,富岡幸一郎

東京人9月号(2011)

概要:月刊誌■特集:《あの頃の熱をもう一度・・・フォークの季節 》小室等・高石ともや・森山良子・遠藤賢司・南こうせつ/空飛ぶ中央線と葛飾のバッタ/ボブ・ディランから始まる
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人8月号(2011)

概要:月刊誌■特集:もう一度乗りたい「なつかしの鉄道」対談:大人になっても鉄道少年(山田太一×川本三郎)/名車両アルバム/短歌とカメラ「都電時間旅行」
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人7月号(2011)

概要:月刊誌■特集:東京を巨大地震が襲うとき。/首都直下地震の「想定外」を想定する/23区防災課アンケートによって危険は異なる!
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人6月号(2011)

概要:月刊誌■特集.歴史で歩く東京の公園:江戸の大名庭園をしのぶ財閥・実業家たちの邸宅跡、文豪ゆかりの公園、軍と戦争を記念する公園
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人5月号(2011)

概要:月刊誌■特集:写楽の読み方。謎の職人絵師の技と素顔/写楽を遊ぶ24の方法:浅野秀剛/作家の写楽論:横尾忠則、島田荘司、宇江佐真理
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人4月号(2011)

概要:月刊誌■特集:潜入!土木工事の現場。英語で「土木」はシビル・エンジニアリング(市民の技術)。社会のインフラストラクチャーをつくり東京の都市機能を進化させる巨大スケールの工事現場を訪ねます。
作家名:
編集者:高橋栄一

東京人3月号(2011)

概要:月刊誌■特集.青春のラジオ深夜放送ー夜のしじまに耳を傾けたあの頃。世界には自分ひとりではなく、どこかで誰かと繋がっていると感じられたあの瞬間。青春時代の思い出が今、よみがえる
作家名:
編集者:高橋栄一

1 2 3 4