文芸

文芸

文人・勤番藩士の生活と心情 近世史研究叢書23

概要:解説書★高牧實■小林一茶・滝沢馬琴、滝沢嫡家の分家滝沢清右衛門、戸勤番土佐藩士森正名(四郎)の暮らしを検討した。
作家名:高牧實

悪女の人生相談

概要:随筆■恋愛後進国日本では「馬鹿女」に「悪女」は勝てない。より強力な「悪女」に変身するため、恋愛の文学・仏文学者が名言でアドバイス!
作家名:鹿島茂

対比列伝―戦後人物像を再構築する。

概要:評論■戦後文学、思想を形づくった人々の肖像―小林秀雄、近衛文麿、小林一三などを、編集者の総合的な眼で読み解く。
作家名:粕谷一希

詩画作品・2007年春

概要:詩■書道(和)とカリグラフィー(洋)のコラボ作品
作家名:幸敦子

三島由紀夫・昭和の迷宮

概要:評論■『仮面の告白』が今なお戦慄を与え続ける訳は?『葉隠』を、バタイユを、三島は実はどう読んでいたのか? 同時代を生きた著者が解く、その死に到るまでの迷宮の謎。
作家名:出口裕弘

辰野隆 日仏の円形広場

概要:評論■東京駅を設計した大建築家・辰野金吾、その息子で古き良き時代の東大仏文の名物教授、辰野隆(ゆたか)。父子二代を誇りながらの日仏交流史。
作家名:出口裕弘

アジア技術者流通革命〜アジアITビジネス支援

概要:自伝■小西眞裕著。日本のコンピュータ黎明期に、製油所の大規模システムを作った著者が今回挑むのは「アジア技術者流通革命」
作家名:小西眞裕

レゾナンス- vol.01

概要:絵本■いろいろな角度から切り取ったデンマークの断片を、そっとページの中にはさみこみました。この本を開くことで、小さな旅が始まることを願って……。
作家名:小野恭子

子供の部屋

概要:小説■ひょんなことから姉と二人で暮らすことになった中学生の男の子が、人間的にたくましくなっていく物語。
作家名:小野津幸子

ぎんなん

概要:句集■夫婦そろって作家の二人が「一生に一度くらいは一緒の本をつくろうと句集『ぎんなん』をつくり金婚式の記念とした」文庫本サイズの新刊。
作家名:粕谷一希,小野津幸子

文芸評論集

概要:評論■小林秀雄、大岡昇平、埴谷雄高、三島由紀夫、江藤淳、村上春樹、田中小実昌、阿川弘之、三木卓、小川国夫、森内俊雄、リービ英雄らの文学を批評する正統な評論集。
作家名:富岡幸一郎

トンキン・ナイト

概要:小説★寡黙なバーテンダー・オトちゃんが「俺」に夢うつつ、摩訶不思議な夜を体験させてくれる。現代トーキョーで紡がれる十夜のおとぎ噺集。
作家名:でぐちみなこ

嫁の心 姑の気持

概要:エッセイ■日々起こるさまざまな珍事を主婦として冷静に分析し、前向きに解決してゆく。家庭内人間関係のバイブル。
作家名:小野津幸子

愛と青春の追憶

概要:小説★藤田稔■激動の時代を生きた技術者の青春ロマン。「素晴らしい青春賛歌。読む人に夢と希望と元気を与える」(早坂暁氏)
作家名:藤田稔

1 2 3 4 >>