論文

北条氏邦と武蔵藤田氏

概要:解説書★黒田基樹・浅倉直美■戦国期の武蔵藤田氏に関する論文6編と同氏を継承した北条氏邦の鉢形領支配開始期についての論文7編を再録した。
作家名:黒田基樹・浅倉直美

中世京都 闇と陰の世相史年表

概要:解説書★小高 恭■室町時代以降の女房詞と芸能史の対極にある闇に隠れ歴史の表舞台には出ない事象を「世相史年表」として刊行
作家名: 小高恭

音の万華鏡

概要:解説書★藤井知昭・岩井正浩■神戸大学退職の岩井正浩氏の(人間と音楽とのかかわり)を民族・民俗・教育などの分野から考察した論文。友人・教え子たちも寄稿。
作家名:藤井知昭・岩井正浩

奈良大和の社会史点描

概要:解説書★岩井宏實■奈良・大和の、歴史・民俗・文化に関する論考5編。巻頭に書き下ろしの「奈良の社会史点描」を収める。
作家名: 岩井宏實

江戸の温泉三昧 温泉に癒される人々 温泉に生きる人々

概要:解説書★鈴木一夫■百姓・町人から大名まで温泉旅行や湯治をレジャーとして楽しむようになった温泉地の風物を描く。
作家名:鈴木一夫

士族授産と茨城の開墾事業

概要:解説書★桐原邦夫■明治前期の茨城の士族授産開墾は単なる救済事業ではなく積極的な資本主義化の資金創出として遂行された政策である。
作家名:桐原邦夫

文化財のための三次元計測

概要:解説「文化財のための三次元計測」(金田明大・木本挙周・川口武彦・佐々木淑美・三井猛著)遺跡・遺物など文化財を活用するための最新マニュアル。
作者名:金田明大・木本挙周・川口武彦・佐々木淑美・三井猛
編集者:

武蔵大石氏/ 論集 ・戦国大名と国衆㈰

概要:「武蔵大石氏」論集:戦国大名と国衆(黒田 基樹 編)武蔵大石氏に関する主要論文の研究成果の総括と研究の到達点をまとめた。
作者名:黒田 基樹
編集者:黒田 基樹

湯治の文化誌/論集【温泉学Ⅱ】

概要:解説「湯治の文化誌」論集:温泉学(日本温泉文化研究会 編)「湯治」関係論文5本、信仰・生物に関する2本の論文を収録。
作者名:
編集者:日本温泉文化研究会 編(会長:伊藤克己)

藩世界と近世社会

概要:解説■藩世界と近世社会(岡山藩研究会編)『藩世界の意識と関係』刊行から10年。3部7編で藩世界の多様な姿と広がりについて論究。
作者名:岡山藩研究会編(代表:深谷克己)
編集者:

生業信仰の形成と展開
〜技(わざ)の神から同業組織の神へ

概要:古くから日本の織物業、薬業、やきもの業など技の上達を願う同業組織が団結を強化し業の繁栄を願う信仰の歴史を考える。
著者:小林公子

しあわせな生き方、死に方とは
 〜これからのしあわせを考える50のヒント

概要:解説書/これからのしあわせを考える50のヒント。厳しいながらも温かな心で、これからの日本、日本人を熱く語る。
作者名:松濤弘道

下野中世史の世界

概要:論文集■前著『東国守護の歴史的特質』(岩田書院)刊行後に発表した鎌倉・室町時代の下野国内の領主や、足利庄支配にかかわる論文等
作者名:
編者:松本一夫

ホキ傳・陰陽雑書抜書

概要:論文集■福島県会津地方の修験家に伝来した陰陽書2種を影印版(写真版)で収録し、解説と、内容細目および索引を付した。
作者名:
編者:久野俊彦・小池淳一

近世・近代における地域社会の展開

概要:論文集■編者の高崎経済大学の同僚や教え子たちによる、関東中心の地域史研究。
作者名:
編者:和泉清司

浅井了意全集 仏書編 第3巻 

概要:論文集■「阿弥陀経」「無量寿経」も含めた「浄土三部経」の解題を本巻に収める。
作者名:
編者:和田恭幸

「ええじゃないか」の伝播

概要:論文集■「ええじゃないか」の発生時期や、全国への広がりの状況、お蔭踊りとの関係など、研究は大きく進展した。
作者名:
編者:田村貞雄

風流踊とその展開

概要:論文集■風流はもっとも広い分布を示す民俗芸能で、希望をになうものとして主体的に受容されてきたが、二つの流れに分化した。
作者名:植木行宣
編者:

里見家 分限帳 集成

概要:論文集■房総の戦国大名里見氏の家中分限帳は、史料的価値が低いものと考えられてきたが、その信憑性が高いことを明らかにした。
作者名:
編者:川名登

鎌倉幕府守護の基礎的研究

概要:論文集■鎌倉幕府の守護とは要するに「近衛大(中)将である鎌倉殿が担当する国家守護=「天下守護之職」の国別執行官」であった
作者名:伊藤邦彦
編者:

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13